ハンドボール男子の強豪高校ランキング

ハンドボール男子の強豪高校ランキング

ハンドボール、そう聞いてどういうスポーツかよく知っている人はまだ少ないのではないでしょうか。ハンドボールでよく聞かれるのが宮崎大輔選手です。ハンドボール界の立役者で知名度を高めることに貢献しました。

今回は、全国高等学校総合体育大会の結果をもとに歴代男子ハンドボールの強い高校を紹介します。高校からハンドボールを始めてみたい方もそうでない方も参考にしてみてください。

男子ハンドボール大会順位

順位高校都道府県ポイント
1興南沖縄32
2北陸福井21
3藤代紫水茨城20
4瓊浦長崎14
5氷見富山13
6小林工宮崎11
6法政二神奈川11
7岩国工山口10
8愛知愛知8
8伊奈茨城8
9小林秀峰宮崎7
10浦和学院埼玉6
10香川中央香川6
10不来方岩手6
2001年度~2019年度。インターハイでの優勝を4点、準優勝3点、ベスト4を2点として集計。(単位:ポイント)

興南高校

興南学園は沖縄県で最も古い私立の高校です。ハンドボールと野球の強豪校として知られ、特にハンドボールはインターハイで6度の優勝を誇ります。学科は普通科があり進学コースとスポーツコースに分かれていて大学進学率も8割に達します。OBにはタレントとしても活躍する元プロボクサーの具志堅用高さんがいます。

北陸高校

北陸高校は福井にある私立の中高一貫校です。普通科と商業科があり運動コースと進学コースに分かれていてそれぞれスポーツと学業の両立を図っています。ハンドボールの強豪でインターハイで3度の優勝を果たしています。過去には男子ハンドボール部が日本テレビの笑ってコラえて!に出演して話題になりました。冷暖房完備の専用アリーナがあり施設が充実していています。

藤代紫水高校

藤代紫水高校は茨城の公立高校です。全日制の普通科で文系、文理系、理系の3コースがあります。ハンドボールがインターハイの常連校で2015年には優勝を果たしています。姉妹校にアメリカのユーバ市立高校があります。文化部では書道部が有名で茨城県代表に6年連続で選出されています。

まとめ

今回は全国高等学校総合体育大会ハンドボール競技大会の結果をもとに男子ハンドボールの強い高校を紹介しました。沖縄はとても競技が盛んでハンドボール王国であることがわかります。

高校スポーツ大会カテゴリの最新記事