テニス男子の強豪高校ランキング

テニス男子の強豪高校ランキング

テニスは、中学では軟式の部活動が多いので高校や大学から硬式テニスに触れた方も多いのではないでしょうか。軟式と硬式ではラケットの握り方に違いもあります。今回は全国高等学校総合体育大会テニス競技大会の結果をもとに歴代男子テニスの強い高校を紹介します。

男子テニス大会順位

順位高校都道府県ポイント
1相生学院兵庫4
1柳川福岡4
2湘南工大附神奈川3
2名古屋愛知3
3四日市工三重2
2001年度~2019年度。インターハイでの優勝を4点、準優勝3点、ベスト4を2点として集計。(単位:ポイント)

相生学院高校

相生学院高校は兵庫県にある私立の通信制高校です。元富士通の森和明氏が設立し通信、進学、スポーツをはじめ16ものコースからなります。男子テニスが強豪で2016年、2017年、2019年とインターハイで優勝を果たしています。

柳川高校

柳川高校は福岡県にある私立高校で歴史は古く1941年に設置された柳河商業学校が前身になります。普通科、商業科、国際科があり、普通科のスーパー特進コースでは国公立大学や有名私大に進学する生徒もいます。男子テニス部が強豪で2004年~2006年に3年連続で優勝を果たしています。OBには元プロテニスプレーヤーの松岡修造がいます。

湘南工科大学附属高校

湘南工科大学附属高校は藤沢にある私立高校で略称は湘工、湘工大です。前身は相模工業高校で体育、進学、湘南工科大学を目指す技術コースがあります。スラムダンクのモデル校としても知られ多くのプロスポーツ選手を輩出しています。卒業生には元サッカー日本代表の福田正博や元プロテニスプレーヤーの杉山愛がいます。

まとめ

今回は全国高等学校総合体育大会テニス競技大会の結果をもとに男子テニスの強い高校を紹介しました。相生学院高校と柳川高校が同点で並ぶ形になりました。相生学院高校は男女ともに強豪であることがわかりました。

高校スポーツ大会に出場したい!もっと強くなりたい!

CTA-IMAGE 高校スポーツ大会の運営でお困りの方や新しい大会に出場してみたい方は、是非、下記のフォームからお問い合わせください。高校・団体に合わせた企画・大会がございます!

高校スポーツ大会カテゴリの最新記事